AGAとストレスの関係性

AGAを発症する人は、男性の場合が多いのは、男性特有のホルモンが影響していると考えられているからでもあります。遺伝や男性ホルモンの影響が原因になるAGAの症状は、ストレスとの関係性が無いとされる向きもあります。しかし、日頃の生活におけるストレスの多い環境は、髪の環境を悪くしている場合もあるのです。

科学的には証明されていない

AGAとストレスの関係性は、科学的には証明されていないのが現状でもあります。唯、髪の発育にとって、良い環境や悪い環境などはありますので、その点に留意した生活を送る事が大切です。

■髪が生える環境

髪は、抜ける、生えるなどの働きを、ある一定の周期で繰り返しますが、髪が生える環境として、毛穴に皮脂などが詰まった状態はよくありません。毛穴は、皮脂分などの汚れがなく、発毛するに当たって、十分な働きができる状態を必要としています。頭皮についても、頭皮マッサージなどを行うと、髪の働きが良くなる場合もあります。

暴飲暴食

一方で、髪の発育にとって、良くない環境というのもあります。皮脂分などで毛穴づまりの状態になるなどが挙げられますが、ストレスが多い生活をしている人の中には、偏った食生活をしている人も見られます。ストレスから、暴飲暴食に走ってしまう人もいます。

必要以上に、高カロリー食品を摂取してしまい、不要な皮脂分が、毛穴を詰まらせている場合があります。そうすると、発毛するに当たって、毛の生える環境が悪くなっている状態となります。AGAの人の場合には、男性ホルモンが影響している事が多いですが、できるだけ髪の生える環境を整えておくという事も、大切な心がけの一つになります。

気分転換を行える環境

ですので、日頃ストレスのある環境は、やはりどこかでバランスをとる必要も出てきます。暴飲暴食でバランスを保っている場合もありますが、髪の環境としては良くありません。ストレスを感じていると、睡眠不足になるケースもあります。

睡眠が十分にとれていない場合には、精神的なバランスを崩し、からだにも悪影響が出る事もあります。できるだけ、スポーツや趣味などで気分転換を行える環境づくりなどもしておくと、健康的な生活に繋がります。からだの働きは、AGAなどの症状が改善できる状況を作る事にも繋がります。

専門的な治療を実施

どうしても、毎日の生活の中でストレスを軽減するのが難しいという場合には、AGAに関する専門的な治療を実施するという方法もあります。各人の日頃の生活環境、あるいは食生活などについても、適切なアドバイスをしてもらえる場合が多くあります。

精神面でも、余裕がないという場合にも、相談に乗ってもらえるケースは多いので、一度専門的な治療機関に相談してみるなども行えます。生活面においては、食生活の改善指導などが行われる場合がありますが、精神的な面においても、改善する余地が見つかる可能性などもあります。

ページの先頭へ