栄養素から見るAGAの食生活

AGAは、自分でも見た目の辛さなどを感じる事がありますが、周囲の視線も気になる事があります。専門的な治療を実施する方法もありますが、食生活で症状の改善に繋がる場合もあります。

AGAの人が、食生活において、栄養のバランスを欠いてしまう様なケースは、やはり髪にとっての栄養という面でも、よくありません。AGAの症状がある場合には、できるだけ食生活でのバランスに注意する事で、育毛に繋げる事も可能になります。

鶏肉はAGAに有効

髪の発育にとって重要なポイントを見ていくと、食生活において必要になってくる栄養素なども見えてきます。例えば、髪の毛は、99パーセントがケラチンというたんぱく質でできている事は、一般に知られている事です。更にアミノ酸は、複数の種類がありますが、必須アミノ酸と呼ばれるものは、食物でしか摂取できない栄養素となります。たんぱく質は、動物性たんぱく質や植物性たんぱく質などがありますが、食材としては、鶏肉などもAGAに有効なものとして挙げられます。

■ビタミンやミネラルが豊富

鶏肉には、ビタミンやミネラルが豊富に含まれていますので、良質な動物性たんぱく質として摂取する事ができます。ミネラルについては、髪の毛の発育にも重要な役割を果たしてくれます。

髪は、ケラチンというたんぱく質で作られていますが、ビタミンは、頭皮の働きにも影響します。いずれの栄養素を効率よく摂取するためには、このミネラル分が必要になります。必要な栄養素を含む食材を摂取した時に、体内で消化吸収が上手く行われる事で、髪にも栄養が行き渡る事になります。

ミネラル分はナッツ類やわかめ

ミネラル分は、栄養素でいうと、亜鉛やヨウ素、鉄分などが該当しますが、食材の中では、ナッツ類やわかめなどが挙げられます。ナッツ類の場合には特にアーモンドなどは、ビタミンEを豊富に含んでいますので、おやつやおつまみとして利用する事もできます。わかめには、ヨウ素が多く含まれています。海水に含まれるミネラル分を吸収していますので、AGAの症状をもつ人にとっては、効果の高い食材として摂取する事ができます。

AGAの人の食生活にも利用したい食材

他にも、レバーには、鉄分やビタミン類が含まれていますので、貧血状態の人が摂取する食材としても利用されています。やはり、必要な栄養素を効率よく吸収するには、からだの働き、血管の働きなども重要になります。血管は、必要な栄養素を体内の隅々に運ぶ働きをもっていますので、髪の毛にも作用する事になります。

■鮭とアスタキサンチン

最近では、よく血管年齢を若返らせる、という言葉を耳にする事があります。酸化については、ある程度仕方ない働きでもありますが、抗酸化作用の働きがある鮭には、アスタキサンチンが多く含まれています。非常に注目されている栄養素でもありますので、是非AGAの人の食生活にも利用したい食材です。

まとめ

栄養素から見る食材は、AGAの人にとっても、症状を改善する可能性があるという事に留意して、食生活を見直す事も必要です。

ページの先頭へ