恒常的な睡眠不足はAGAの原因

恒常的な睡眠不足は、人体の様々な部分に悪影響を与えます。 とりわけ脳は、睡眠でのみしか休むことができませんから、質の良い睡眠をとることがAGA対策以前に重要であることが分かります。

夜間22時〜午前2時頃

そもそも、体調面はもちろん、睡眠と発毛や育毛との間には、大いなる関係があります。通常、人間の毛髪は夜間22時以降、午前2時頃までに最も伸びるものとされています。これには科学的な根拠があり、睡眠中に分泌される成長ホルモンが発毛や育毛にも関与しているためです。日本では昔から、寝る子はよく育つ、などと言われてきましたが、成長ホルモンの分泌を考えれば迷信などではなくて、医学的な見地から確かなことなのです。

深い眠りに落ちてから3時間

因みに、人間は寝入ってから後、30分程度で成長ホルモンの分泌が始まります。その後、深い眠りに落ちてから3時間程度は分泌が継続するのです。この成長ホルモンは、目が覚めている状態では分泌されないのが特徴です。しかも、このホルモンの分泌が最も活発なのが、夜間22時以降、午前2時頃までであり、まさに毛髪が最も伸びる時間帯と見事に重なるのです。

毎日規則正しく生活

ただ、22時から2時までの間に最も成長ホルモンが分泌されるというのは、誰にでも無条件に当てはまる訳ではありませんので、ここは注意してください。通常であれば、人間は起床して午後になり、14時前後から17時辺りになると、メラトニンと呼ばれる睡眠のためのホルモンが分泌されるようになります。

毎日朝7時にキチンと起床する方であれば、夜間21時前後になると眠気を覚えるようになり、24時頃までにはスヤスヤと眠りに落ちることができます。要は、毎日規則正しく生活できている方であれば、成長ホルモンの分泌のピークが、夜間22時から深夜2時頃までになる、ということになるのです。

睡眠で髪を育てる

以上からも分かるように、成長ホルモンは発毛や育毛に深く関与している訳ですが、恒常的な睡眠不足に陥っている状態であれば、これがAGAの大きな要因になり得ることは容易に理解できます。眠っている間に成長ホルモンが毎晩十分に分泌されていれば、その分毛髪はシッカリ育ってくれます。ツヤがあり、太くてハリのある健康な髪の毛が生まれます。

育毛に欠かせない睡眠

ところが、恒常的な睡眠不足になっていると、この成長ホルモンの分泌は抑制されてしまいます。言わずもがな、毛髪の健康な成長はおぼつかないことになるのです。畑に野菜の苗を植えても、十分な水や肥料を定期的に与えないと、枯れてしまったり、育っても良い野菜が収穫できなかったりします。

成長ホルモンが水や肥料に相当しますので、AGAで髪の毛が育たないのも同じ理屈です。この成長ホルモンこそは、どんなに高価で貴重な秘伝の育毛剤よりも、AGA対策には有効なものです。

ページの先頭へ