AGA治療薬ミノキシジルについて

男性型脱毛症(AGA)で悩んでいる男性は多いのですが、正しい治療を行なえば、8割の薄毛は改善させることができます。ここでは、AGA治療薬ミノキシジルについてご紹介します。ミノキシジルはもともと高血圧の薬として開発されたものであり、高血圧の患者さんが服用したところ、副作用として全身の毛が濃くなるという症状が現れることが確認され、育毛剤として使用されるようになったという経緯があります。

内服薬の副作用

ミノキシジルはAGA治療の外用薬(塗り薬)として開発されたのですが、内服薬も存在しています。しかし、内服薬の場合には全身の毛が濃くなるという副作用を伴います。経口服用したミノキシジルは、血液中に溶け込んで全身に有効成分が行き渡るようになりますので、仕方のない副作用となります。毛の濃くなる度合いについては個人差はあるものの、例外なく体毛は濃くなります。

専門クリニック以外で入手することはできない

AGA治療薬についてはプロぺシアも有名であり、プロペシアであれば皮膚科でのAGA治療でも処方してもらうことができます。しかし、ミノキシジルのタブレット、通称ミノタブを処方してくれる病院は、AGA専門クリニックだけとなっています。日本国内では専門クリニック以外で入手することはできませんが、個人輸入代行を利用すれば簡単に入手することができます。

ただし、安易に個人輸入代行を利用するよりも専門クリニックに通われることをおすすめします。個々の方の薄毛の症状や原因に合わせて、適切な処方が行われるために、確実に薄毛を改善させる効果を期待することができからです。

プロペシアやミノタブを併用

ミノキシジルには、毛根部分の血管拡張作用があり、厚生労働省より医薬品認可を受けています。実は、ミノキシジル外用薬単体では、大きなAGA治療効果を期待することはできません。

プロペシアやミノタブを併用することによって、お互いの相乗効果が発揮される薬となります。外用薬の場合には、頭皮に塗布して吸収されるようになりますので、効果が現れにくいという特徴があります。その代わり副作用のリスクも小さくなります。

効果も現われやすく効果の持続時間も長い

外用育毛剤は、頭皮の毛穴から浸透されるという作用秩序となり、作用は浸透した時だけの一時的なものとなります。しかし、ミノタブやプロペシアのような内服薬の場合には、前述しましたように、血液中に溶け込んで作用しますので効果も現われやすく、効果の持続時間も長くなります。

DHTを増やさない治療

AGA専門クリニックでは、治療のためにプロペシア(有効成分フィナステリド)とミノキシジルの2つが処方されるというのが一般的です。そもそも男性型脱毛症とは、5αリダクターゼという成分によって、強力な脱毛ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)が生成されることで引き起こされます。ゆえに、5αリダクターゼを抑制し、DHTを増やさない治療が専門クリニックでは行なわれるようになります。

ページの先頭へ