男性ホルモンの影響で発生するAGAとは

AGAとは男性型脱毛症と呼ばれる事もある脱毛症の一種で、主に男性に発生するとされています。女性の脱毛症の原因となる場合もありますが、その数は男性に比べて少ないと言われています。  

AGAは頭頂部から脱毛が始まるタイプや、前髪の生え際から脱毛が始まるタイプ等といった数種類のパターンが存在しています。基本的に思春期以降の男性に発生する事が多く、日本国内では1000万人以上は患者がいるとされています。

ジヒドロテストステロン

AGAが発生する原因についてですが、代表的なものとして男性ホルモンの影響を挙げる事が出来ます。男性ホルモンの中には様々な成分が含まれているのですが、その一つにジヒドロテストステロンという成分があります。この成分は髪の毛の成長期間を短くする作用を持っているため、この成分の働きが活発だとAGAになってしまうとされています。  

また喫煙やストレスの蓄積等といった普段の生活に関わる事柄も、この脱毛症を発生させる要因になる事が分かっています。

頭頂部や前髪の生え際から脱毛

上記したようにAGAは頭頂部や前髪の生え際から脱毛が始まるのですが、症状が進行するのが特徴となっています。そのため脱毛症状に気付きながらも放置を続けてしまうと、脱毛範囲が少しずつ拡大してしまいます。こうした事態を回避するためには出来るだけ早い段階で病院を受診して、適切な治療を開始する事が大切なのです。

ジヒドロテストステロンの働きを抑制

AGAの治療方法についてですが一般的には薬物療法や、植毛等に代表される施術の2種類を挙げる事が出来ます。前者の薬物療法とは専用の治療薬を使った治療方法の事で、経口服用タイプや患部に塗るタイプ等があります。経口服用ではフィナステリドと呼ばれる成分が含まれている事が多く、この成分が男性ホルモンのジヒドロテストステロンの働きを抑制します。また患部に塗るタイプの薬ではミノキシジル等の成分が用いられる事が多く、頭皮の血行を促進して毛根に刺激を与えます。

注射で栄養分を注入

後者の施術の具体的な例としては上記したような植毛が有名で、他の部分に生えている自分の頭髪を移植する等があります。それ以外にも頭髪を成長させる作用を持つ栄養分を、注射等で頭皮の内部に注入するといった治療方法も挙げられます。  

実際の治療に際しては薬物療法と施術のどちらかだけを行なう事もありますし、両方を組み合わせる事も少なくないです。

数ヶ月程度続ける事

AGAという脱毛症の一番の特徴は、頭髪を作り育てる働きを持つ毛母細胞がダメになるわけではない事にあります。つまり症状や原因に合わせた治療をきちんと受ければ、頭髪が再び生えてくる可能性は充分にあるのです。  

頭髪が再び生えてくるまでにかかる期間については、症状の重さ等で異なるので一概に言うのは難しいと言えます。しかし数ヶ月程度続ける事で手応えを感じてくる事もあるので、結果を焦らずに治療を続ける事が大切です。

ページの先頭へ