AGA専門クリニックでの治療効果について

AGA専門クリニックでの治療は、早い人であれば3か月、通常でも6か月程度で治療効果を実感することができます。一般の皮膚科の薬の処方だけによる薄毛治療とは異なり、専門クリニックでは薬の処方に加えて、個々の患者さんの生活スタイルや頭皮環境も診断し、一人ひとりに合わせたオリジナルな治療が組み立てられます。つまり、画一的な治療法ではなく、個人の頭皮の状況に合わせた治療法が選択されるということです。

オーダーメイド処方

AGA専門クリニックででは、いわゆるオーダーメイド処方が施されるようになりますので、短い時間で効果を実感することができるというわけです。ただし、前述しましたように、早い方でも最低3か月は期間を要します。髪の毛のみならず毛にはヘアサイクル(毛周期)が存在しています。薄毛の方は、このヘアサイクルが乱れた状態です。ヘアサイクルが正常でないために毛根細胞が活力を失い、太く丈夫な髪の毛が育たず、細く弱い産毛が生えてくるという状態です。

6か月程度の期間が必要

乱れたヘアサイクルを正常化させるまでには、ある程度の期間を要します。AGAに特化した薬と生活習慣を改善させることなどによって、まずは毛根細胞を活性化させます。そして、正常化されたヘアサイクルの毛根から生える髪の毛が、安定して太く丈夫な髪の毛になるためには、通常6か月程度の期間を要するというわけです。

AGAの治療開始は、早ければ早いほど効果を実感するまでも期間が短くて済みます。長期間ヘアサイクルの乱れた状態が続くほど、毛根は活力を失っていくと認識しておきましょう。

80%の人は薄毛の悩みを解消

薄毛が進行しているけれども、完全に頭皮が露出していているような状態でなければ、健康な髪の毛は生えてきます。AGA専門クリニックで正しい治療を行なえば、80%の人は薄毛の悩みを解消することができるといわれています。AGAに限らずあらゆる病気は早期の対処が重要となります。

AGAの原因物質

そもそもAGA(男性型脱毛症)とは、5αリダクターゼという酵素が男性ホルモンのひとつであるテストステロンに作用し、テストステロンをAGAの原因物質であるジヒドレテストステロン(DHT)という男性ホルモンに変化させることによって引き起こされます。

ゆえに、5αリダクターゼを抑制し、テストステロンをジヒドロテストステロンに変化させなければ、薄毛や抜け毛が進行することはないということになります。

軟毛化現象

男性型脱毛症は進行性の症状となりますので、何も対処しないままでいるとかなりのスピードで薄毛が進行してしまいます。髪の毛が細く元気がなくなる軟毛化現象が、代表的な兆候となります。前述しましたように、ヘアサイクルが乱れるために次第にコシのある元気な髪の毛が育たなくなり、髪の毛が十分に育つ前に抜け落ち、薄毛が進行するというわけです。

ページの先頭へ