AGA(男性型脱毛症)について

AGA(エージーエー)とは「Androgenetic Alopecia」の略称であり、男性型脱毛症のことです。AGA治療を行う際には、ご自身の症状や原因を見極めて、適切な治療を行うことが重要です。AGA専門のクリニックでは、個々の方の髪の状態をしっかりと判断し、最適な治療法をアドバイスしてもらうことができます。20代〜30代の男性の薄毛は、ほとんどが男性型脱毛症の症状にあたるのですが、原因はさまざまとなります。

若ハゲ

髪の毛が薄くなってくるのは40代や50代の男性に多いのですが、最近では生活習慣の乱れやストレスが引き金となって、10代や20代の若い世代の男性でも薄毛の悩みを抱える人が増加傾向にあります。このような若い男性に薄毛の症状を「若年性脱毛症」といい、一般的に「若はげ」と呼ばれる症状となります。

ある程度年齢を重ねてから薄毛になる場合は、老化によるものなので自然現象ともいえるのですが、若年性脱毛症の場合には、明らかに毛周期に異常をきたしている状態となります。そこには確実に原因が存在しています。その原因を見極めて治療をしていくのが、専門クリニックとなります。

保険適用外

男性型脱毛症で薄毛や抜け毛に悩んでいる方には、専門クリニックでの治療が有益なのですが、AGA治療は自由診療となり、保険証を使用することはできません。診療代やプロペシアなどの投薬費用もすべて自己負担となってしまいます。治療費の相場については、診察代や薬代を含めて1か月10,000円〜15,000円が相場となっています。

治療に不可欠なプロペシア

プロペシアは、男性型脱毛症の治療に欠かせない薬となります。基本的には、病院で処方してもらわなければ入手することができない薬なのですが、通販の個人輸入のサイトを利用すれば入手することも可能です。しかし、人気のある医薬品であるために偽造品や粗悪品が多く出回っているのが現状です。身体に悪影響を及ぼしてしまう可能性もありますので、病院で処方してもらうことをおすすめします。また、個人輸入に関しては、すべてが自己責任となるということを認識しておきましょう。

遺伝が原因の場合

一般的にAGAは、男性ホルモンの影響と遺伝がおもな原因だと考えられています。遺伝が原因であるとはっきりとわかっている場合には、プロペシアがもっとも有効です。遺伝性の薄毛でも、適切な治療を施せば改善させることができます。まずは専門クリニックで、ご自分の薄毛の原因を調べてもらい、適切な治療法をアドバイスしてもらうようにしましょう。早い人では3か月、通常でも6か月程度での期間で、専門クリニックでの効果を実感している人が多いようです。治療を遅らせると、回復までの時間も長くかかってしまいますので、まずはカウンセリングを受けられることをおすすめします。

ページの先頭へ