AGA治療薬について

AGA(エージーエー)とは、男性型脱毛症という意味であり、日本人の成人男性の3人に1人の薄毛の原因といわれています。AGAのほとんどは、遺伝と男性ホルモンの影響が原因となっており、男性ホルモンテストステロンが5αリダクターゼ酵素の影響を受けて、ジヒドロテストステロン(DHT)に変化することで男性型脱毛症が発症します。

男性ホルモンの影響が原因の場合の対処法としては、5αリダクターゼ酵素を抑制して、ジヒドロテストステロン(DHT)の生成を防げばよいというわけです。DHTが引き金となって薄毛が進行していくのですから、DHTの生成を抑えることができれば、薄毛は進行しないということです。DHTの生成を抑えるAGA治療薬が、フィナステリド(プロペシア)となります。

AGAクリニックで行う事

AGA専門クリニックで行われる治療内容についてご紹介します。まず、薄毛の原因が何であるのかを問診・検査を行って状態確認が行なわれます。次に、個々の方の状態に合わせて、治療法の提案と食生活などの生活指導が行われます。実際に処方される薬は、通常フィナステリド錠剤とミノキシジル育毛剤の併用となります。その後、1か月に1回定期的に来院し、治療の効果が確認される流れとなります。

プロペシアとミノキシジル

フィナステリド錠剤を服用し、5αリダクターゼ酵素を抑制しDHTの生成を抑えることによって抜け毛を防止します。さらに、ミノキシジル育毛剤を塗布することによって、太く健康な髪の毛を育てるという治療法となります。ミノキシジルには血管拡張作用があり、血管を拡張させて毛母細胞への栄養を十分に行き渡らせ、結果として細胞分裂が活性化されるという効果があります。これによって、太く健康な髪の毛の育毛・発毛効果が得られるというわけです。2つの薬のダブルパワーで、抜け毛を予防しながら発毛を促進させるというわけです。

短期間で効果がでることも

AGA専門クリニックでの薄毛治療では、一般的に4か月〜半年くらいで効果を感じるようになります。半年ほど経過すると、産毛が生えてきた、産毛が太く成長した、薄毛が気にならなくなってきたなどと、ほとんどの人が治療の効果を実感できるようになります。専門クリニックでは、前述しましたように、原因をしっかりと検査して、個々の人に合った治療法で治療を行なっていきますので、発毛の効果を短期間で実感することができるというわけです。

個人輸入は自己責任

日本では購入することはできないのですが、プロペシアとミノキシジルは個人輸入であれば通販サイトを利用して入手することができます。しかし、そもそもこれらの薬は、発毛のために開発された薬ではありません。副作用として発毛効果があることが認められ、薄毛治療に用いられるようになった薬となります。ゆえに、間違った使用法をすれば副作用などの危険性があります。個人輸入で購入する際には、すべてが自己責任となるということを認識しておきましょう。

ページの先頭へ